MENU

精神病による不眠

精神病

精神分裂病や脳の障害でも睡眠障害の不眠が起こることがあります

 

精神病による不眠の症状の特徴

これらの病気で生じる不眠は、鋪裲症状によって二次的におこるものが大部分。
他人から危害を加えられる

 

他人からあとをつけられたり監視されている

 

という妄想の症状があると、不安や緊張で睡眠が障害されるのはとうぜんです。発病の初期には、ぼんやりとした不安や周囲のたたずまいに不気味な雰囲気を感じることがよくあるので、患者さん本人が、不眠と同時に病気のはじまりを自覚することもあります

 

精神病による不眠の治療

不眠の原因になった榿神症状の治療が必要ですが、不眠に対する薬物治療も併用します。精神病の不眠に睡眠薬を使うと精稀症状が悪くなるという意見を述べる研究者もいましたが、その証拠は今の所とらえられていません。

 

下肢の筋肉のぴくつきによる不眠

 

筋肉の瞬間的なけいれんを専門用語でミオクローヌスといい、睡眠中に下肢の筋肉にミオクローヌスがいくどもおこり、睡眠が障害されるものを睡眠時ミオクローヌス症候群といいます。新しい国際分類では、周期性四肢運動障害とよんでいます。この症候群のミオクローヌスはてんかんの発作ではないので脳波に異常はみられませんし、抗てんかん薬でもとまりません。

 

 

>>睡眠サプリランキング TOP