MENU

うつ病による不眠について

うつ病

うつ病と躁病は同じ人にあらわれることがあるので、躁うつ病ということもあり、最近ではともに感情病ともいいます。うつ病は抑うつ気分が、躁病は強い爽快感情が主な症状だからです。うつ病や躁病は、治療をしないでいても、6〜18か月間症状が続いて自然によくなりますが、何かのきっかけで再発することが多い病気

 

うつ病による不眠の発症と症状の特徴

うつ病では、病気のおこり始めてから不眠がみとめられます。これにたいして、躁病は朝早くに起床しますが、本人は不眠を自覚しないばかりか、眠る時間を惜しんで仕事に没頭するので、睡眠時間の短縮というべき

 

うつ病は、元々の性格が
几帳面

 

責任感が強く

 

凝り性の人

 

に発症しやすいとされています。一方で躁病は社交的で太っ腹の人におこりやすい傾向があります

 

うつ病の不眠は病気のごく初期からあらわれますが

不眠の型は早朝の目覚めが特徴的

まだ抑うつ気分がはっきりと自覚されないうちに、早朝の目覚めがはじまることすらあります。抑うつ気分が自覚されるようになっても、寝つきの障害はわりあい軽い事が多いのですが、眠りは浅くて中途覚醒も増えてきます

 

午前2時に目覚め

抑うつ気分が強くなると、午前2〜3時に目が覚めるようになります。しかも早朝から午一間中にかけて抑うつ気分がもっとも強く、午後から夕方にかけて気分は少しよくなってきます。この時期には、気分の落ちこみの他に、過去の行為に対する罪業感と将来にたいする絶望感や行動の抑制などもおこり、しばしば自殺をくわだてます

 

うつ病は、心の病であると同時に体の病でもあり、自律神経性の身体症状のいくつかあらわれます
頭痛

 

便秘

 

食欲の低下と体重の減少

 

月経の停止

 

性欲の低下

 

など軽症のうつ病では、これらの身体症状に注意が向いて、内科医を受診することがあります。この段階では気分の変化は目だたないので、うつ病の診断がつけられない事がありますが、早朝覚醒はすでに自覚されていることが多いものです

 

眠ってから最初のレム睡眠が現れるまでの時間

 

レム濳時は正常な人では約90分ですが40分以下と短くなっていることで、時には眠ってすぐにレム睡眠がでることさえあります

徐波睡眠がはっきりと減る事

 

消えてしまうこともしばしばあります

早朝覚醒

 

睡眠の構造だけでかなりの確率で診断が下せる病気は、うつ病以外にはありません

 

うつ病による不眠の頻度

うつ病による不眠の頻度

最近はなぜか軽症のうつ病が増えているので、うつ気分をともなう神経症(抑うつ神経症)との区別が難しい例が多くなりました。うつ病が発症するピークは20〜40歳と50歳以降にあります。一生の間にうつ病にかかる率は15〜20%という報告もあります。うつ病の発症率は男性よりも女性のほうが高く、その割合は女性3対男性2ぐらいと思われます

 

うつ病による不眠の治療

うつ病は、たとえ軽症のようにみえても自殺のおそれがないとはいえません。そこで専門の医師による治療が必要です

抗うつ薬による薬物治療が必要ですが、治療をはじめてから効きめがあらわれるまでには二週間程度かかるので、症状が強いうつ病では抗うつ薬の点滴治療が行われます。抗うつ薬の中には睡眠作用が強いものがありますが、それ以外の抗うつ薬をもちいる場合には睡眠薬と併用したりもします。

 

うつ病の専門の医師の指示をしっかりと聞いて治療していきましょう

 

 

>>睡眠サプリランキング TOP