MENU

魔法の入眠ドリンクのホットミルク豆乳

ホットミルク豆乳

飲んで1時間で穏やかなねむけに包まれる魔法の入眠ドリンク「ホットミルク豆乳」

 

眠りを誘導するホルモンのひとつにメラトニンがあります。これは最初から体内に存在するものではありません。メラトニンの原料は必須アミノ酸の一種のトリプトファンで、食事を通して体にとり入れられます。腸壁から血液中にとり込まれたトリプトファンは、脳に到達するとセロトニンという物質になり、これが代謝されて、メラトニンになるのです

 

睡眠に問題が生じるのは

 

このトリプトファンのストックが少なく、メラトニンの産生が間に合っていないことが原因の1つと考えられます。無理なダイエットで栄養が偏り、トリプトファン不足になって睡眠障害を引き起こすこともあるようです。トリプトファンが含まれている代表的な食品は牛乳と大豆です。これらは体内で消化、吸収され、トリプトファン↓セロトニン↓メラトニンという過程をへて、ねむけにつながっていきます

 

質のよい睡眠をとるためには

メラトニンが分泌しやすいよう、心がけて牛乳や大豆を積極的に食べて、日ごろから体質改善をしておくことが必要です。睡眠障害を改善するために、トリプトファンの血中レベルを上げておきましょう。

 

睡眠効果をもたらす成分はトリプトファンだけではありません。牛乳にはカルシウムが豊富ですが、これにも神経系をリラックスさせる作用があります。神経の伝達は、電化されたイオンによって行われます。ところがカルシウムが不足して体内のミネラルバランスがくずれると、イオンがスムーズに勁かなくなってしまいます。すると神経の伝達がうまくいかなくなり、イライラのもとになります。

 

ホットミルク豆乳なら消化・吸収もよく、胃にもたれません。豆乳と牛乳、半々をなべに入れ、温めたものを飲むことで体温も上がり眠りやすくなります。飲んで1時間ほどで、穏やかなねむけがやってくるでしょう。

 

 

>>睡眠サプリランキング TOP