MENU

昼間の体温が36度に満たない低体温

寝つき・寝起きの悪さの原因にも

 

低体温

人間の体には様々なリズムがあります。体温もその一つです。体温は、一般的に朝起きた時は36度と低く、徐々に上昇して夕方4時頃の一番高い時には36度5分くらいまで上がり、徐々に下降していきます。所が近年、この体温が低く36度に満たない人が増えてきています

 

低体温は、様々な不調の原因になると考えられます。まず体温が低いと免疫細胞が活発に働かなくなり、免疫力が低下します。その結果、風邪やアレルギー性疾患など、様々な病気を引き起こすだけでなく、がんなどへの抵抗力も弱くなる事がわかっています。代謝も悪くなるので、太りやすくなったり、肌や髪などの老化を早めたりすることも考えられます

 

寝つきが悪い

 

朝起きられない

 

など眠りに問題がある人も、体温リズムに乱れが生じていることが多いといわれています。高くなるべき時間に体温が上がらなければ、夜になるにつれて下がって眠りやすい状態にすることもできないからです。

 

なぜ低体温になるのでしょうか

人間の体は、細胞が血液から栄養をとり込み、それをエネルギーに変えるときに熱を生み出します。主に熱を生み出すのは、体の中でも活動が活発な心臓や肝臓を中心とした腹部と、動くことで多量の熱を産生する筋肉です。デスクワークで座りっぱなしの生活だと、動かないため、昼間の体温が上がりにくくなるのです。

現代人の運動不足と、それによる筋肉量低下は、低体温の大きな原因

 

生活習慣が低体温を招く

睡眠障害も低体温が招く様々な不調の一つと考えられますが、現代人の低体温は体を冷やす生活習慣に起因するものが多いのです。どんな生活習慣かというと

問題@冷房

 

冷房

人間の体は、暑さをしのぐ為に夏季は産熟しにくい状態になりますから、職場や電車内で過剰な冷房にさらされると体の調節機能がおかしくなり、低体温を起こしてしまうことになります。冷房の効いた場所では、薄いものをはおって体を冷やさないように気をつけましょう

問題A食生活

 

東洋医学・漢方では、ビタミンやミネラルといった栄養学とは別に食べ物を
体を温める性質の温性の食べ物

 

体を冷やす涼性の食べ物

 

体を冷やす飲み物

に分ける考え方があります。野菜を例にあげると、色の濃い野菜のおひたしは温性ですが、生野菜のサラダは涼性になります。

 

飲み物も同様で、真夏でも冷たい飲み物のがぶ飲みは避け、せめて常温のものを飲むように心がけましょう。

問題B下半身の運動不足

 

最も簡単にできる下半身の運動は歩くことで筋肉には熱を生み出す強い力があり、中でも下半身の筋肉を動かすことは心臓に血液が戻るのを助け、全身の血流をよくして、体温を上げる効果があります

問題C薬の飲みすぎ

 

薬の飲みすぎ

意外に思われるかもしれませんが、化学薬品のほとんどが、2番目であげた体を冷やす物質です。持病の管理などで継続的に飲む必要のある薬もありますから、医師に相談なく服薬をやめてはいけませんが、不要な薬はできるだけ飲まないことが望ましいと言えます

問題D間違った入浴法

 

間違った入浴法

入浴は、最も簡単な冷え退治法になりますが、シャワーを浴びるだけでは、その効果は得られません。夏でも湯船にゆったりつかりましょう。40度くらいのぬるめのお湯に10分つかるだけで体温は2度上昇するといわれています

 

とくに1日の終わりに、38〜40度くらいのぬるめのお湯に、みぞおちくらいまで15〜30分つかる半身浴は、体を芯から温め、また昼間に優位だった交感神経を副交感神経に切りかえて、自然なねむけを促してくれます

ただし、ぬるめのお湯の半身浴であっても、30分以上湯船につかって、皮膚がふやけてしまうほど長風呂だと免疫系に負担がかかって逆効果になるので注意してください

 

 

>>睡眠サプリランキング TOP